お気に入りに追加



My Yahoo!に追加

Add to Google

カテゴリー

検索


更新履歴

宝石ナビについて

宝石の種類や名前、加工方法、カットの方法、鑑定方法、宝石にまつわる伝説やヒーリング効果などをご紹介します。

ダイヤモンド

ダイヤモンドは宝石の分類上、特殊で特筆すべきものがあります。

ダイヤが良質なものか否かを見分けるのは、そう難しいことではありません。
実は、簡単な器具を使うことでダイヤモンドの質が分かるのですが、そんな宝石はダイヤモンドだけです。
ダイヤモンドの基礎知識を学び、品質表示を理解すればあなたにもダイヤモンドの良し悪しがわかるでしょう。

ただ一般には、ダイヤモンドの品質は、鑑定機関が検査をして決定しています。

ダイヤモンドには透明なもの以外にもほんのり色味を帯びた「カラーダイヤモンド」とよばれる石もあります。
正確に色味を見分けるには熟練が必要とされています。

色石・貴石・半貴石

世界各地に宝石の産地は分布しています。一般に、色のついた石を「色石」と呼びます。

産出した色石は「貴石」と「半貴石」に分類され、さらに、硬度が高くナチュラル(無処理)の貴石が「宝石」と呼ばれます。
では、「貴石」と「半貴石」にはどんなものがあるか、見ていきましょう。

  • 貴石
  • クロムの結晶であるエメラルド、コランダムの結晶であるルビーやサファイヤなどが挙げられます。
  • 半貴石
  • 半貴石は貴石に比べると、硬度が低く産出量も豊かで希少性があまり無いものがほとんどで、貴石の上に半が付けられ半貴石と呼ばれています。 トルマリンやアメジスト、トパーズなどが半貴石に相当します。

    一昔前はもっぱら貴石がアクセサリーの中心でしたが、近頃は半貴石もよく流通し幅広く利用されています。

    宝石の役割

    「宝石」には色々な種類があります。柔らかい石もあれば、とても硬い石もあり、その性質はさまざまです。
    私たちが宝石に求める役割は、大きく分けると以下のような4つになるでしょう。

  • 財産

  • 高価な宝石は換金できます。
  • 装飾品

  • アクセサリーとして、古より人々と共にありました。
  • 観賞用

  • 原石あるいは彫刻されたものを室内に飾ります。
  • お守り

  • 古代より、石にはスピリチュアルな意味があるとされてきました。あなたの弱いところをカバーして整えたり、あるいはあなたのメンタルな特徴を際立たせてくれると言われている宝石があります。

    なかなかこの4つの価値が重なり合うような宝石はないと思いますが、気軽に取り入れられるものから取り入れて見ましょう。
    宝石がより身近に感じられる存在になるとよいですね。